SAP接続設定ファイルを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

各接続の$TSAPS_HOME/conf/named-connectiondディレクトリー(Talend SAP RFC Serverをインストールしたディレクトリーに$TSAPS_HOMEが対応する場所)の下にSAP接続設定ファイルを作成すれば、Talend SAP RFC Serverを通じて複数のSAPシステムに接続できます。SAP接続設定ファイルは3つのセクションで構成されています。Talend SAP RFC Serverを開始する前に、必要に応じてサーバーのいくつかの追加のフィーチャーが有効になるようSAP接続設定ファイルを設定できます。

注:
  • Talend SAP RFC ServerはSAPクラスター設定をサポートしていません。
  • 設定ファイルを変更するには、Talend SAP RFC Serverの再起動が必要になります。
  • $TSAPS_HOME/conf/named-connectiondディレクトリーとSAP接続設定ファイルは、Patch_20210820_TDI-45536_v1-7.3.1を適用した場合のみ必要となります。
  • tsap-rfc-server.propertiesファイルでnamed.connectionsパラメーターを設定すれば、$TSAPS_HOME/conf/named-connectiondディレクトリーへのパスをカスタマイズできます。

Featureセクション

Featureセクションには、Talend SAP RFC Serverの関連機能を有効にする接続情報があります。

  • feature.idoc.enabled: IDoc機能を有効化します。
  • feature.idoc.transactional: トランザクション管理フィーチャーを有効化します。
    • メッセージがJMSブローカーに配信されない場合、トランザクション全体を失敗としてSAPに報告します。
    • リモートJMSブローカーに自動で再接続します。
  • feature.idoc.transactional: トランザクション管理機能を有効化します。
  • feature.idoc.transactionAbortTimeOut: IDocパッケージ処理タイムアウト値(ミリ秒)を参照します。
  • feature.idoc.mock.enabled: 5秒ごとにIDocパッケージを生成するモックにIDocレシーバーを置換します。SAPサーバーでは使用されません。
  • feature.bw_source_system.enabled: BWソースシステムフィーチャーを有効化します。
  • feature.bw_source_system.mock.enabled: BWデータリクエストを5秒ごとに生成するモックにBWソースを置換します。SAPサーバーでは使用されません。
  • feature.streaming.enabled: ストリーミングモードフィーチャーを有効にします(Kafkaクラスターへのリモート接続が必要)。
    注: ストリーミングモードフィーチャーの使用に先がけて、バージョンが2.1以降のKafkaサーバーのインストールします。詳細は、http://kafka.apache.org/quickstartをご覧ください。
  • feature.streaming.timeout: 開始するストリーミングのタイムアウト値を参照します。
  • feature.streaming.limit.parallel: 並行して抽出できるデータストリームの最大数。-1の値はデータストリームの数を制限しません。
  • feature.streaming.threadCount: データ抽出のためのスレッド数。デフォルトは2です。
  • feature.streaming.topic.partitionCount: Kafkaトピックのパーティションカウント。デフォルトは2です。
  • feature.streaming.topic.replicationFactor: Kafkaトピックのレプリカファクター。デフォルトは1です。
    注: feature.bw_source_system.mock.enabledパラメーターとfeature.streaming.limit.parallelパラメーターは、Patch_20210820_TDI-45536_v1-7.3.1を適用した場合のみ有効です。

SAP JCO serverセクション

SAP JCOサーバーセクションには、RFCコールを介してSAPに接続するためにRFCサーバーが必要とするSAP情報があります。

  • jco.server.gwhost: RFCサーバーが登録されるSAPゲートウェイホスト(必須)。
  • jco.server.gwserv: 登録に使用されるポートであるSAPゲートウェイサービス(必須)。
  • jco.server.progid: ゲートウェイ上の、およびSAPシステムのデスティネーションとしてのIDocのID識別子(必須)。
  • jco.server.connection_count: ゲートウェイで登録されている接続の数(必須)。
  • jco.server.worker_thread_count: JCOServerインスタンスが使用できるスレッドの数。
  • jco.server.worker_thread_min_count: JCOServerインスタンスによって実行され続けるスレッドの数。
  • jco.server.trace: RFCトレースを有効化または無効化します。デバッグに役立ちます。
  • destination_name=RFC destination : RFCデスティネーションを設定します。RFCデスティネーションがそのプログラムIDと異なる時に、このパラメーターを設定する必要があります。このパラメーターが有効化されていると、そのパラメーター値がBAPI /CMT/TLND_TABLE_JOIN_STREAMのIV_RFC_DESTINATIONというインポートパラメーターとして使われます。有効化されていない場合は、プログラムID (jco.server.progid)がインポートパラメーターとして使われます。

SAP JCO clientセクション

SAP JCOクライアントセクションには、SAP ABAPサーバーへの接続情報があります。オプションがすべて提供されていること、そしてRFCコール権限を持つユーザーの認証情報を使用できることが必要です。

パスワードをクリアテキストで設定します。このパスワードはTalend SAP RFC Serverの開始時に#記号で上書きされます。