サービスファイルを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

SAP設定では、ホスト名が指定されていることがわかります。しかし、ポートが標準範囲であり、クライアントマシン上のservicesファイルで指定される必要があるため、ポートの場合は正しくありません。

servicesファイルは次の場所に見つかります:

  • Windows: C:\Windows\System32\drivers\etc\services
  • LinuxまたはUnixベースシステム: /etc/services

手順

servicesファイルでポートを指定します。
  1. お使いのSAP接続設定ファイルでSAP JCO serverセクションをチェックし、ポート番号を決定します。

    次の図はsapgw31というSAPゲートウェイサーバーの設定例です。

    sapgwの下2桁によってポート番号の下2桁が決定します。上の例ではポート番号の下2桁は31です。最後の2つのポート番号の範囲は00から99までです。

    SAPのデフォルトの範囲としては、Sapdpであれば3200から3299まで、Sapgwであれば3300から3399までがそれぞれ含まれます。