Talend MDM Web UIのセッションタイムアウトを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

デフォルトでは、Talend MDM Web UIのユーザーセッションタイムアウトは30分に設定されています。ビジネスユーザーまたはデータスチュワードは、非活動期間の30分後に Webユーザーインターフェイスのログインページにリダイレクトされます。

必要に応じて、このセッションのタイムアウトをいつでも変更できます。

手順

  1. <Tomcat_folder>/webapps/talendmdm/WEB-INF/web.xmlファイルを参照します。
  2. web.xmlをテキストエディターで開き、次のタグを検索します。
    <session-config>
        <session-timeout>30</session-timeout>
        <tracking-mode>COOKIE</tracking-mode>
    </session-config>
  3. 必要に応じて、既定のセッションタイムアウトの値を変更します。
  4. 変更を保存します。

タスクの結果

Talend MDM Web UIに接続するユーザーに新しいセッションタイムアウトパラメーターが設定されました。