Talend Administration CenterでTalend Activity Monitoring Consoleを設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Talend Administration Center Webアプリケーションで、Talend Activity Monitoring Consoleへのリンクを設定する必要があります。

注: 組み込みのフォントパッケージが含まれていないオペレーティングシステムで作業している場合は、フォントパッケージを手動でインストールしてTalend Activity Monitoring Consoleを動作可能にする必要があります。詳細は、Using Fonts with OpenJDK, Zulu, Azul Platform Core and Azul Platform Primeをご覧ください。

手順

  1. Talend Administration Center[Configuration] (システム設定)ページの[Monitoring] (モニタリング)グループに移動します。
  2. [AMC url]フィールドで、Talend Activity Monitoring ConsoleアプリケーションのURLアドレスにhttp://localhost:8080/amcのように入力します。

    設定によっては、localhostをWebサーバーのIPアドレスに、8080Talend Activity Monitoring Consoleの実際のポートにそれぞれ置き換える必要があります。

    統計とログ情報を保存する3つのデータベーステーブルも設定が必要です。

    このアプリケーションの詳細は、Talend Activity Monitoring Consoleユーザーガイドをご覧ください。