H2組み込みデータベースへの接続 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

Talend MDM Serverには、管理タスクを実行するために、H2組込データベースに直接アクセスするために使用できるWebコンソールが含まれています。H2データベースおよびWebコンソールの使用方法の詳細は、H2データベースのドキュメンテーションをご覧ください。

手順

  1. Webブラウザーで、H2コンソールのアドレス(たとえば、http://localhost:8180/talendmdm/h2console/console)を入力します。
  2. 表示されるログイン画面で、管理者権限のあるMDMユーザーのUsernamePassword(たとえば、administrator/administratorまたはadmin/talend)を入力し、Loginをクリックします。
    [H2コンソール接続]画面が開きます。
  3. データベースへの接続情報を入力し、[Connect] (接続)をクリックします。
    H2コンソールが開き、MDMデータベースにアクセスできます。