MongoDB内のセッションデータストレージ用にデータベースを作成する - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
MongoDB内にセッションデータを保存するためにデータベースを作成する必要があります。

始める前に

データベースを作成するには管理者権限が必要です。

手順

  1. 次のコマンドを使ってMongoDB内にセッションデータを保存するデータベースを作成します。
    use <databasename>

    use sessions
  2. 次のコマンドを使ってこのデータベース内にユーザーを作成します。
    use <databasename>
    db.createUser( { user: "<username>", pwd: "<password>",  roles: [ { role: "dbOwner", db: "<databasename>" }  ] } )
    コマンドは次のフィールドを含む場合があります。
    フィールド 説明
    <databasename> セッションデータストレージ用のデータベースの名前。
    <username> 作成されたユーザーの名前。
    <password> 作成されたユーザーのパスワード。
    重要: パスワードがURLエンコードされていないと接続に失敗します。

    このユーザーがデータベースの管理アクションを実行できるようにするには、dbOwnerのロールを付与する必要があります。

    sessionsという名前のデータベースにsession-userという名前のユーザーをsuserのパスワードで作成するには、次のコマンドを使用します:
    use sessions
    db.createUser( { user: "session-user", pwd: "suser",  roles: [ { role: "dbOwner", db: "sessions" }  ] } )
  3. Talend Identity and Access Managementを停止します。