RFCデスティネーションを作成 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
設定に直接つながるSAP transaction SALEまたはSM59を使用して、Talend SAP RFC Serverを指し示すRFCデスティネーションを作成できます。

始める前に

次のステップに進む前に、SAPユーザーがTalendジョブとTalend SAP RFC Serverに接続するよう作成されていることをご確認ください。

手順

  1. SAP GUIを使用して、SAP管理者としてSAPにログオンします。
  2. 設定に直接つながるSAP transaction SALEまたはSM59に移動します。
  3. [Create RFC Connections] (RFC接続の作成)をクリックし、次に新しいTCP/IPベースのRFCデスティネーション、この例ではTALEND_TL_RFC_DESTINATIONを選択して作成します。
  4. [Technical Settings] (技術設定)タブで、[Activation Type] (アクティベーションタイプ)[Registered Server Program] (登録されたサーバープログラム)を選択し、次に、[Program ID] (プログラムID)[Gateway Options] (ゲートウェイオプション)をそれぞれ設定します。
    要確認: SAPのプログラムIDは、Talend SAP RFC Serverのエントリーと同じにする必要があります。
  5. [Unicode] (ユニコード)タブで、ユニコード/非ユニコードを設定します。
    ヒント: Unicodeを強くお勧めします。
  6. 必要に応じて設定ファイルを編集し、Talend SAP RFC Serverを設定します。
  7. Talend SAP RFC Serverを開始します。

    Talend SAP RFC Serverの設定と開始の詳細は、Talend SAP RFC Serverを手動でインストールTalend SAP RFCサーバーを開始または停止をご覧ください。