Nexus 3でSSLを有効化 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
注: Nexusディレクトリーに関する詳細は、https://help.sonatype.com/repomanager3/installation-and-upgrades/directoriesをご覧ください。

手順

  1. キーストアファイルを$install-dir/etc/sslフォルダーにコピーします。
  2. キーストアファイルを$install-dir\etc\sslフォルダーにコピーします。
  3. $data-dir/etc/nexus.propertiesファイルを編集し、SSLポート、およびSSL設定ファイルへの参照を追加します。
    # Jetty section
    application-port=8081
    application-port-ssl=8441
    application-host=0.0.0.0
    nexus-args=${jetty.etc}/jetty.xml,${jetty.etc}/jetty-http.xml,${jetty.etc}/jetty-https.xml,${jetty.etc}/jetty-requestlog.xml
    nexus-context-path=/
  4. 証明書とパスワード用に$install-dir/etc/jetty/jetty-https.xmlというSSL設定ファイルを編集します。
    <New id="sslContextFactory" class="org.eclipse.jetty.util.ssl.SslContextFactory">
      <Set name="KeyStorePath"><Property name="ssl.etc"/>/keystore.jks</Set>
      <Set name="KeyStorePassword">password</Set>
      <Set name="KeyManagerPassword">password</Set>

    このファイルは特定のディレクトリーになければならないため、パスは(スラッシュに続いて)キーストアファイルの名前だけであることが必要です。

  5. Nexusを起動します。SSLポートを使ってNexus URLにログインできるようになります。