Talend Administration Centerで第2レベルのキャシュを有効化 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Talend Administration Centerで第2レベルのキャッシュを有効化すれば、パフォーマンスを向上させてデータベースへの接続を減らすことができます。高い一貫性を実現できるよう、Talend Administration Centerがクラスターモードで使用されている時に第2レベルのキャッシュを有効にすることをお勧めします。

手順

  1. 次のファイルを開いて編集します:
    <tomcat_path>WEB-INF\classes\configuration.properties
  2. 第2レベルのキャッシュを有効にする場合はhibernate.use_second_level_cacheの値をtrueに、無効にする場合はfalseにそれぞれ設定して変更を保存します。デフォルトではtrueになっています。