設定ファイルでTalend Administration Center用にシングルサインオンを有効化 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

手順

  1. <tomcat_path>/WEB-INF/classes/configuration.propertiesを開いて編集します。
  2. sso.field.useSSOLoginパラメーター値をtrueに設定して変更を保存します。

タスクの結果

SSOがアクティブ化されます。これは、管理者がTalend Administration Centerに初めてログインする時に、管理者が、アプリケーションと管理者のアイデンティティプロバイダーシステムの間のリンクをTalend Administration Center [Database Configuration] (データベースの設定)ページから直接設定できるようになることを意味します。

詳細は、Talend Administration Centerユーザーガイドをご覧ください。