Talend RuntimeでのSSL暗号の有効化 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

Talendで提供される実行サーバーでは、既存のSSL Keystore経由のデータ転送前にデータを暗号化できます。

手順

  1. Talend Runtimeを設定する場合は、etcディレクトリーに移動してorg.talend.remote.jobserver.server.cfgを開き、編集します。
  2. org.talend.remote.jobserver.server.TalendJobServer.USE_SSL=false行でfalsetrueに置換します。
    次回、実行サーバーを起動した時、サーバーとクライアントの間の通信を保護するためにSSLプロトコルが使用されます。
  3. Talend Administration Center[Use https] (httpsの使用)チェックボックスをオンにし、暗号化を有効にします。