フルテキストインデックス複製 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

MDMには、JMSトピックに基づく組み込みのフルテキストインデックス複製が用意されています。

各MDMサーバーインスタンスがそれぞれ独自のフルテキストインデックスを維持しています。クラスター内でインデックスの一貫性を保つには、各ノードが自身のインデックスに変更を適用できるように、1つのノードで行った変更を逐一その他のノードにブロードキャストする必要があります。これはフルテキストインデックス複製と呼ばれています。

1つのクラスター内に複数のMDMサーバーノードがあるとします。フルテキストインデックスに影響を与える変更を1つのノードで行う必要がある場合、ノードはこの変更をローカルで実行し、1つのトピックに関するJMSメッセージを送信します。その他すべてのノードは、インデックスの一貫性を保つために、メッセージを受信した時に同じ変更をローカルで実行します。

このフィーチャーは、MDMデータソースでフルテキストフィーチャーが有効になり、ファイル<$INSTALLDIR>/conf/mdm.confSystem Settingsセクションの下にsystem.cluster=trueが追加されると、直ちに有効になります。

JMSブローカーとしてApache ActiveMQを使用して実行する場合、フルテキストインデックス複製に使用されるJMSトピックは、org.talend.mdm.server.index.replicationになります。