データベース - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

管理データベースサーバーは、管理情報の保存とTalend Administration Centerセッションの維持を担当しています。デフォルトでは組み込みH2データベースが使用されますが、MySQL、MS SQL Server、またはOracleを使用してすべてのプロジェクト間のデータ(ユーザー、プロジェクト、権限、ライセンス、タスク、トリガー、監視)を保存することもできます。

このドキュメントでは、これ以降、管理データベースの名前を <talend_administrator>とします。

<talend_administrator>管理データベースには、プロジェクトの情報と管理に関連する全データ(管理データ、プロジェクト宣言、ユーザー宣言および権限、およびタスク リストなど)が含まれます。

このデータベースのテーブルは、初めてTalend Administration Centerに接続する際に自動的に作成されます。作成されたテーブルは、(他の中で)含まれています:

  • Usersテーブル

  • Projectsテーブル

  • Rightsテーブル

警告: これらのテーブルはTalendによって自動的に作成、情報入力、管理が行われるため、ユーザーは特に何もする必要はありません。

対象製品:

Big Data Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

また、データクオリティの操作を実行する場合は、HSQL、MySQL、Oracleのデータベースを使ってレポートと分析結果を保存できます。これらのデータベースの詳細は、データのプロファイリングでサポートされているデータベースをご覧ください。