Talend JobServerをインストールして設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

実行サーバーを使用して、Talend Studioで開発したジョブ(プロセス)をTalend Administration Center Webアプリケーションから実行できます。

Talend Studioのローカルプロジェクトで作業する場合は、users.csvファイルに基づいてTalend JobServerの認証を有効にできます。詳細は、Talend Studioローカルプロジェクトのユーザー認証を有効化をご覧ください。

Talend Studioのリモートプロジェクトで作業する場合、Talend JobServerの認証はTalend Administration Centerに基づいて行われます。詳細は、Talend Studioを使ってTalend Administration Centerリモートプロジェクトとジョブコンダクターのユーザー認証を設定をご覧ください。

対象製品:

Data Fabric

MDM Platform

このセクションの情報はデータインテグレーションジョブにのみ該当し、トリガー/前/実行可能ジョブには該当しません。

対象製品:

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

これらのジョブがサービスまたはルートにリンクされている場合は、 Talend Runtimeサーバーを使用してジョブタスクをデプロイ、実行することもできます。ただし、これらのサーバーは特に、サービス、ルートまたは汎用OSGiフィーチャーをデプロイして実行するために使用されます。 Talend Runtimeのインストールの詳細は、Talend Runtimeをインストールをご覧ください。