Talend Runtimeをインストール - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

対象製品:

Data Fabric

MDM Platform

このセクションの情報はデータインテグレーションジョブにのみ該当し、トリガー/前/実行可能ジョブには該当しません。

Talend RuntimeTalend JobServerの両方を同一マシンで使用する場合には、ポート番号を変更する必要があります。これは、両方のサーバーがデフォルトで同一ポートを使用しているためです。

Talend RuntimeはApache Karafに基づいたOSGiコンテナーあり、そのdeployフォルダー内にある各種コンポーネントとアプリケーションをデプロイして実行できます。

このツールは、すべてのジョブ、サービス、ルート、およびTalend Studioや他のJava IDEから作成された汎用OSGiフィーチャーをデプロイして実行する実行サーバーとして使われます。

Talend Runtimeコンテナーの設定を、複数のコンテナーを同一マシン上にデプロイするように適応させることができます。詳細は、Talend ESB Container管理ガイドをご覧ください。