Talend SAP RFC Serverをインストールして設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Talend SAP RFC Serverはスタンドアロンサーバーで、Talend StudioとSAPサーバー間のゲートウェイとしてフィーチャーします。これは、SAPサーバーからSAP IDocsまたはSAP BWデータソースオブジェクトを受信し、tSAPIDocReceiverコンポーネントまたはtSAPDataSourceReceiverコンポーネントおよびTalendジョブのその他のコンポーネントによる処理に使用できるようにします。このコンポーネントに関する詳細は、Talendコンポーネントリファレンスガイドをご覧ください。

Talend SAP RFC Serverは、組み込みApache Active MQ上 に構築されます。これは、JMS(Javaメッセージサービス)トピック内のIDocsまたはデータソースオブジェクトを公開するか、またはバッチ処理のためにJMSキューにレプリケートします。tSAPIDocReceiverコンポーネントまたはtSAPDataSourceReceiverコンポーネントは、これらのJMSトピックをサブスクライブするか、JMSキューから読み取ることができます。

SAPサーバーは、Talend SAP RFC Serverと連携できるように設定する必要があります。SAPの設定方法についての詳細は、Talend SAP RFCサーバーと連携できるようSAPを設定する方法をご覧ください。