OSGiフィーチャーとしてApache MQをインストール - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

ActiveMQをTalend ESB Containerのフィーチャーとしてインストールすることもでき、この方法ではTalend ESB Containerの起動時にActiveMQを自動で起動できます。

手順

  1. Talend Runtimeコンテナーで、コマンドkaraf@trun> feature:install activemqを使用してActiveMQを起動します。
  2. デフォルトでは、コンテナーにブローカーは作成されません。 Talend Runtimeコンテナーでブローカーを起動するには、コマンドkaraf@trun> feature:install activemq-brokerを使用します。

    amq-brokerという名前のデフォルトブローカーと、その設定ファイルである<TalendESBPath>/container/etc/org.apache.activemq.server-default.cfgが作成されます。このファイルを編集してブローカーのデフォルト設定を変更できます。複数のブローカーの作成、ブローカーの削除やクエリーの詳細は、Talend ESB Infrastructure Services Configuration Guideをご覧ください。

    このコマンドにより、http://localhost:8040/activemqweb/で利用できるActiveMQ Webコンソールもインストールされます。

    ActiveMQ Webコンソールの詳細設定は、Talend ESB Infrastructure Services Configuration Guideをご覧ください。