Nexusのサポートバージョンをインストールして設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Talend製品に組み込まれたTalend Artifact Repositoryを使用せず、サポートされているバージョンのNexusを使用する場合は、Nexusで必要なリポジトリーを作成し、設定する必要があります。

始める前に

Nexusが起動済みであること。

手順

  1. Nexus Repository Managerを開きます。
  2. 次のmaven2 (ホスト)リポジトリーを作成します。
    • releases
    • snapshots
    • talend-custom-libs-release
    • talend-custom-libs-snapshot
    • talend-updates
  3. 作成したリポジトリーを設定します。

    例:

  4. Nexusに以下のユーザーを作成します。
    • admin: すべての権限を持つ
    • talend-custom-libs-admin: ユーザーロールtalend-custom-libs-adminおよびtalend-custom-libs-deployを持つ
    • talend-updates-libs-admin: ユーザーロールtalend-updates-libs-adminおよびtalend-updates-libs-deployを持つ
    リポジトリーに関連付けられているユーザーには、少なくとも作成、削除、アップデートの権限を付与する必要があります。
    ヒント: Nexus 3でadmin以外のユーザーをお使いの場合は、NexusのTalend Administration Centerユーザーに対して削除権限を有効化しておくことをお勧めします。有効化しない場合、Nexusにあり、アーティファクトのバージョンに関する情報が含まれているmaven-metadata.xmlファイルがアップデートできなくなり、Talend Administration Centerからアーティファクトを実行する時に不正なバージョンのアーティファクトが使用されてしまうことがあります。詳細は、Nexusのドキュメンテーションをご覧ください。
    Nexusで作成されたユーザーが適切なアーティファクトにアクセスできるかどうかテストする方法:
    1. Talend Studioでジョブを実行し、Nexusリポジトリーに公開します。
    2. [Nexus] > [Browse] (参照)に移動し、ジョブフォルダーを展開してmaven-metadata.xmlファイルにアクセスします。
    3. maven-metadata.xmlファイルを開き、リスト表示されているバージョンがTalend Studioから公開されたジョブと適合するかどうかチェックします。

次のタスク

Talend Administration Center[Configuration] (設定)ページに移動し、作成したリポジトリーに設定内容を追加します。

詳細は、Talend Administration CenterユーザーガイドでTalend Administration Centerでソフトウェアアップデートリポジトリーを設定Talend Administration CenterでTalend Artifact Repositoryを設定、およびユーザーライブラリーロケーションの設定をご覧ください。