コマンド/コンソールモードでインストール - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

始める前に

  • MDMサーバーをインストールするフォルダー(/home/talendなど)に対して読み取り/書き込みアクセス権があることを確認します。

警告:
  • サーバーインストールディレクトリーへの完全パスはなるべく短く、スペースを含めないことを強くお勧めします。
  • 既に適切なJREがスペースを含むパスにインストールされている場合は、環境変数の値を設定する時に、パスを引用符で囲む必要があります。

手順

  1. ターミナルを開きます。
  2. Talend MDM Serverインストーラーがある作業ディレクトリーを変更します。
  3. 以下のコマンドを入力し、キーボードで[Enter]キーを押して、テキスト専用インターフェイスからインストール手順を開始します。
    java -Dfile.encoding=UTF-8 -jar <jar名>.jar -console
  4. 指示に従ってMDMサーバーをインストールします。