スタンドアロンとしてサービスロケーターをインストール(代替) - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

Data Services Platform

ESB

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

始める前に

ロケーターの起動スクリプトを実行する権限があることを確認します。

chmod a+x zookeeper/bin/*.sh

手順

  1. コマンドウィンドウを開きます。
  2. <TalendESBPath>/zookeeper/binディレクトリーを参照します。
  3. 次のコマンドを実行します:
    zkServer.sh start

    サービスロケーターのスタンドアロンの設定をカスタマイズするよう、<TalendESBPath>/zookeeper/conf/zoo.cfgファイルを編集します。編集可能な設定パラメーターの詳細は、サービスロケーターのスタンドアロンの設定ファイルのプロパティをご覧ください。