LinuxにTalend Artifact Repositoryをサービスとしてインストール - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

手順

  1. ルートでArtifact-Repository-Nexus-VA.B.C.D.E/nexus-A.B.C-D/bin/nexus/etc/init.dにコピーします。
  2. 以下のコマンドを実行して、nexusスクリプト実行可能ファイルを作成します:
    # chmod 755 /etc/init.d/nexus
  3. NEXUS_HOMEを、フォルダーの絶対ロケーションに変更します。
    • Nexus 2を使用する場合は、nexusスクリプトを開き、NEXUS_HOME変数を変更します。Nexus 2でNEXUS_HOMEを設定する詳細な手順は、Running as a Service on Linuxをご覧ください。
    • Nexus 3を使用する場合は、.bashrcファイル内のNEXUS_HOME変数を変更します。Nexus 3でNEXUS_HOMEを設定する詳細な手順は、Run as a Serviceをご覧ください。
    たとえば: NEXUS_HOME="/opt/Talend-A.B.C/tac/Artifact-Repository-Nexus-V2.14.3-02/nexus-2.14.3-02"
  4. RUN_AS_USERオプションをサービスを実行するユーザーに制限付きの権限で設定します。Nexusをルートとして実行しないでください。
  5. PIDDIRをユーザーが読み取り/書き込みアクセス許可を持っているディレクトリー(例、./)に変更します。
  6. Talend Artifact Repositoryディレクトリーの所有者とグループを、サービスの実行に使用するユーザーに変更します。
  7. 端末から/etc/init.dに移動します。
  8. サービスをインストールします。
    • Ubuntuでは次のコマンドを使用します: # update-rc.d nexus defaults
    • 他のLinuxディストリビューションの場合は、次のコマンドを使用します。
      $ chkconfig --add nexus
      $ chkconfig --levels 345 nexus on