systemdベースのLinuxシステムにTalend LogServerをサービスとしてインストール - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

始める前に

次のコマンドはすべてスーパーユーザー権限で実行する必要があります。

手順

  1. 次のコマンドを使ってサービスファイルを作成します。
    touch /etc/systemd/system/Talend-LogServer.service
  2. 作成したファイルに、関連する権限を割り当てます。
    chmod 664 /etc/systemd/system/Talend-LogServer.service
  3. 設定に合わせて、次の内容をファイルに貼り付けます。
    [Unit]
    Description=Talend Log Server Service
    After=network.target
    
    [Service]
    WorkingDirectory=<LogServerPath>
    ExecStart=/bin/bash start_logserver.sh
    ExecStop=/bin/bash stop_logserver.sh
    Type=forking
    
    [Install]
    WantedBy=default.target
  4. サービスデーモンを再ロードします。
    systemctl daemon-reload
  5. サービスを開始します。
    systemctl start Talend-LogServer.service

タスクの結果

Filebeatは、Talend Administration CenterTalend Data StewardshipなどLogServerを使用するオプションを提供するTalendモジュールのインストール時に、オプションを選択した場合のみサービスとして自動的にインストールされて起動します。次の図は、このオプションの例を示したものです。