RPMでサードパーティアプリケーションをインストール - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Talendアプリケーションが正確に動作するためには、いくつかのサードパーティアプリケーションが必要です。初回インストールの場合、これらのアプリケーションのRPMバージョンをTalendから提供することが可能です。

このドキュメントで説明されている手順は、サードパーティのアプリケーションをデフォルト設定でインストールする場合を想定しています。

サードパーティアプリケーションの設定と使用に関するサポートは、各ベンダーにお問い合わせください。

Talendアプリケーションで必要とされるサードパーティアプリケーションは以下のとおりです。

  • Tomcat
  • MongoDB
  • Kafka
  • Nexus
  • ZooKeeper (Kafkaに付属)
  • Filebeat

依存項目や関連するサービスについては、各Talendアプリケーションのインストール手順をご参照ください。