XULRunnerパッケージをインストール - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

LinuxでStudioを実行するにはXULRunnerパッケージが必要です。推奨されるXULRunnerパッケージバージョンはXULRunner v 1.9.2.28です。

サポートされているバージョンはv1.8.x - 1.9.xおよびv3.6.xです。

手順

  1. この場所からXULRunner v1.9.2.28をダウンロードします。
  2. Studioアーカイブを展開したディレクトリーでアーカイブファイルを展開します。ただし、Studioフォルダー内には展開しないでください。
  3. Linuxアーキテクチャーに対応するStudio.iniの最後に以下の行を追加します:
    -Dorg.eclipse.swt.browser.XULRunnerPath=</usr/lib/xulrunner>

    </usr/lib/xulrunner>はXULRunnerのインストールパスを示しています。

    たとえばユーザーのホームディレクトリーの/home/<user>/Talend/下のディレクトリーにStudioを展開した場合は、.iniファイルに-Dorg.eclipse.swt.browser.XULRunnerPath=/home/<user>/Talend/xulrunner/を追加します。