Talend JobServerをインストール - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
注: システムの正しいネイティブライブラリーを読み込むにはjava.libraryパスを変更する必要があるかもしれません。この場合、MY_JSYSMON_LIB_DIRスクリプトのstart_rs.sh変数を適用します。

Talend JobServerは、Webアプリケーションと同じネットワークにインストールされたシステム自体を実行サーバーとして定義できるようにするアプリケーションです。これらのシステムには当然、有効なJVMがなければなりません。Talend JobServerの前提条件の詳細は、互換性があるオペレーティングシステムをご覧ください。

Talend JobServerリソースとロードバランシングに関する情報

Talend Administration CenterWebアプリケーションのServersページでこれらの実行サーバーを宣言すると、そのリソース(CPU、RAM など)が表示されます。この操作方法については、Talend Administration Centerユーザーガイドをご覧ください。

オペレーティングシステムの中には、CPU情報が利用できないものがあります。システムをテストするには、次の変数をtrueに設定します:

ファイルTalendJobServer.properties内のorg.talend.monitoring.jmx.api.OsInfoRetriever.FORCE_LOAD

対象製品:

Big Data

Big Data Platform

Data Fabric

Data Management Platform

Data Services Platform

MDM Platform

Real-Time Big Data Platform

クラスターモードで作業しているユーザーについて、負荷分散に使用されるサーバーの順序付けは、<ApplicationPath>/WEB-INF/lib/org.talend.monitoring.client-A.B.C.jarmonitoring_client.propertiesファイルで制限(空きディスク容量の上限など)と重みが定義されるインジケーターに基づいて行われる点にご注意ください。これらの値は、必要に応じて編集できます。詳細は、負荷分散に使うサーバーを決定するインジケーターを設定をご覧ください。