手動インストールの順序 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Talend製品を正しくインストールするには、手動インストールを次の順序で実行する必要があります。
  1. バージョン管理システムを設定
  2. Talend Administration Centerをインストールして設定
  3. Talend Identity and Access Managementをインストールして設定
  4. Talend JobServerをインストールして設定
  5. 対象製品:

    Big Data Platform

    Data Fabric

    Data Management Platform

    Data Services Platform

    ESB

    MDM Platform

    Real-Time Big Data Platform

  6. Talend Runtimeをインストール
  7. Talendロギングモジュールをインストールして設定
  8. 対象製品:

    Data Fabric

    MDM Platform

  9. Talend MDMをインストールして設定
  10. Talend Studioをインストールして設定
  11. Talend CommandLineをインストールして設定
  12. 対象製品:

    Data Fabric

    Data Services Platform

    ESB

    MDM Platform

    Real-Time Big Data Platform

  13. Talend ESBをインストールして設定
  14. 対象製品:

    Big Data Platform

    Data Fabric

    Data Management Platform

    Data Services Platform

    MDM Platform

    Real-Time Big Data Platform

  15. Talend DQ Portalをインストールして設定(非推奨)
  16. Talend SAP RFC Serverをインストールして設定
  17. 対象製品:

    Big Data Platform

    Data Fabric

    Data Management Platform

    Data Services Platform

    MDM Platform

    Real-Time Big Data Platform

  18. Talend Dictionary Serviceをインストールして設定
  19. Talend Data Preparationをインストールして設定
  20. Talend Data Stewardshipをインストールして設定