パックの選択 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Data Fabric

MDM Platform

手順

  1. インストールするパックのチェックボックスをオンにし、[Next] (次へ)をクリックします。
    • Tomcatアプリケーションサーバーが既にコンピューターにインストールされていて、再インストールしない場合は、Apache Tomcat for MDM Serverチェックボックスをオフにします。
    • Bonita BPMコミュニティアプリケーションを選択した他のパックと一緒にインストールするには、Bonita BPM Serverチェックボックスをオンにします。また、Bonita BPMアプリケーションを手動でインストールすることもできます。
      7.3.1 R2021-06リリース以降、Talend MDM Bonita BPM Integrationは非推奨となっています。代替方法として、次のコンポーネントとサービスを使用できます。
      • Data Integration BonitaのコンポーネントであるtBonitaDeployとtBonitaInstantiateProcess
      • お使いのBonitaインスタンスに接続しているAPIサービス
      注: Data Integration BonitaのコンポーネントであるtBonitaDeployとtBonitaInstantiateProcessには変更はありません。
      これからのMDM Bonita BPM Integrationに関する質問があれば、Talendサポートにお問い合わせください。
    • Talend MDMアプリケーションのオプションは必須のため、グレー表示されています。
  2. インストールするパックに応じて、提示されるインストールディレクトリーのウィンドウが異なります。
    • すべてのパックを選択した場合は、インストールパスを次のウィンドウで指定します。
    • Tomcatチェックボックスをオフにした場合は、Tomcatディレクトリーの場所を指定し、 MDMファイルのパスをインストールします。
  3. [OK] をクリックし、メッセージを閉じて、次のステップに進みます。