暗号化用カスタムキーの設定 - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

<tomcat_path>WEB-INF\classes\configuration.propertiesファイルにあるmaster.keyパラメーターは、パスワードのエンコードとデコードに必須です。このパラメーターが見つからない場合、Talend Administration Centerは正しく動作しません。

このパラメーターをアップデートできるのはTalend Administration Centerの初回起動前のみです。Talend Administration Centerの起動後は変更できません。

手順

  1. 次のファイルを開いて編集します:
    <tomcat_path>WEB-INF\classes\configuration.properties
  2. master.keyパラメーターの値を設定して変更を保存します。
    このパラメーターの要件:
    • 16記号長であること
    • Base64エンコード済みであること