JobServerの安全なシャットダウン - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
実行中のジョブが停止するのを待つ人的介入なしで、Talend JobServerを安全にシャットダウンできます。

手順

Talend JobServerを安全にシャットダウンするには、stop_rs.sh コマンドを-w <numberOfSeconds>引数と共に使います。
停止スクリプトの動作:
コマンド 動作
stop_rs.sh 実行中のジョブがなければJobServerを終了します。ジョブが実行中の場合は、ジョブをリスト表示し、ユーザーが任意のキーを押してこのリストを更新したり、Yyを押して実行中のジョブを終了させたりできるようにします。
stop_rs.sh -f JobServerに実行中のジョブとJobServer自身をすぐに終了させます。
stop_rs.sh -w <numberOfSeconds> 実行中のジョブがなくなったらすぐにJobServerを終了します。指定した秒数が経過しても実行中のジョブがある場合、スクリプトはリターンコード2と共に終了します。
stop_rs.sh -f -w <numberOfSeconds> 実行中のジョブに対し、完了までの指定秒数を与えます。ジョブが完了しない場合は、JobServerに実行中のジョブとJobServer自身を終了させます。