sudoを使わずにTalend JobServerを開始する - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Talend Remote Engineを開始するユーザーは、パスワードを入力することなく他のユーザーとしてプロセスを開始できる必要があります。

手順

  1. sudo visudoコマンドを使って、Talend Remote Engineを実行するマシンのsudoersファイルを変更します。
  2. sudoersを編集します。

    # ...
    # User alias specification
    User_Alias JOB_SERVER = jerry
    
    # Cmnd alias specification
    Cmnd_Alias RUN_JOB = /bin/ps, /usr/bin/java, /bin/sh, /bin/grep, /bin/kill
    
    # ...
    # Add after the line: %sudo	ALL=(ALL:ALL) ALL
    JOB_SERVER      ALL=(jules,jim) NOPASSWD: RUN_JOB

    この例では、jerryというユーザーがTalend Remote Engineを開始し、既存ユーザーであるjulesjimによってタスクが実行されることが想定されています。

    jerryによって開始されるTalend Remote Engineプロセスは、以下のコマンドをjulesまたはjimとして実行できる必要があります。

    /bin/ps
    /usr/bin/java
    /bin/sh
    /bin/grep
    /bin/kill

    セキュリティ上の理由から、その他のコマンドについては許可しないでください。

タスクの結果

Talend Remote Engineを開始するには、ユーザーはsudo sh start_rs.shの代わりにsh start_rs.shを実行できます。