バージョン管理システム - 7.3

Linux版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Apache Subversionは7.3.1 R2021-08リリース以降、非推奨となります

バージョン管理システム(GitまたはSVN)は、Talend Studioの共有リポジトリーに"git"モードか"svn"モードで保存されているオブジェクト(ジョブ、サービス、ルート、ビジネスモデル、メタデータ、ルーチン、ドキュメンテーションなど)に関連する全データの持続性を管理するために使われます。

リポジトリーごとに複数のプロジェクトを保存することをお勧めします。ただし、GitまたはSVNリポジトリーごとに1つのプロジェクトだけを保存するように選択することもできます。

バージョン管理システムの設定方法の詳細は、バージョン管理システムを設定をご覧ください。

いくつかのプロジェクトを含む複数のバージョン管理リポジトリーを用意することもできます。プロジェクトを作成し、GitまたはSVNリポジトリーに保存する方法の詳細は、Talend Administration Centerユーザーガイドをご覧ください。