Talend Studioでアーティファクトを公開するためにリポジトリーを設定 - 7.3

Mac版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Mac
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

Talend Studioで、[Preferences] (環境設定)Talend Artifact Repositoryへのアクセスを設定し、必要に応じてサービス、ルート、ジョブを2種類のリポジトリーに公開できるようになりました。

詳細は、Talend Studioユーザーガイドをご覧ください。

始める前に

Talend Artifact Repositoryをインストールして起動しました。

手順

  1. Talend Studioを開きます。
  2. メニューバーで[Window](ウィンドウ) > [Preferences] (基本設定)をクリックして[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  3. ツリービューでTalend > [Artifact Repository] (アーティファクトリポジトリー)ノードを展開し、[Repository Settings] (リポジトリー設定)を選択します。
    • Talend StudioTalend Administration Centerが接続している場合、すべてのTalend Artifact Repository設定は自動的にTalend Administration Centerから取得されます。

      取得した設定を使ってサービス、ルート、ジョブを公開したり、独自のアーティファクトリポジトリーを設定したりできます。

    • Talend Studioがローカル接続で動作している場合は、すべてのフィールドでは、ローカルに保存されているデフォルト設定が事前入力されます。必要に応じて、アーティファクトリポジトリーの設定を変更できます。

  4. Talend Administration Centerとの接続時、デフォルトではTalend Studioは、アーティファクトサーバーとやり取りするたびに最新のアーティファクトリポジトリー設定をチェックします。アーティファクトリポジトリーの設定が頻繁に変更されない場合や、インターネット接続が不十分な場合などこれを無効にするには、[Always check latest settings] (常に最新の設定をチェック)の選択を解除します。
  5. Talend Administration Centerとの接続時、独自のアーティファクトリポジトリーを設定する場合、[Use customized settings] (カスタマイズした設定を使用する)オプションを選択します。
  6. 必要に応じてアーティファクトリポジトリーの設定を変更します。
    パラメーター 説明
    [Type] (タイプ) NEXUS 3NEXUS、または[Artifactory]を選択します。NEXUS 3は、アーティファクトリポジトリーのデフォルトタイプとしてTalend Administration Centerと共に配信されます。
    Url リポジトリーのロケーションURLを入力します。
    [Username] (ユーザー名) リポジトリーに接続するためのユーザー名を入力します。
    [Password] (パスワード) リポジトリーに接続するためのパスワードを入力します。
    [Default Release Repo] (デフォルトリリースリポジトリー) デフォルトでアーティファクト項目のリリースバージョンを公開するリポジトリー名を入力します。
    [Default Snapshot Repo] (デフォルトスナップショットリポジトリー) デフォルトでアーティファクト項目のスナップショットバージョンを公開するリポジトリーの名前を入力します。
    [Default Group ID] (デフォルトグループID) デフォルトでアーティファクトアイテムを公開するグループの名前を入力します。
  7. [Apply] (適用)をクリックして変更を適用し、[OK]をクリックしてウィザードを閉じます。

タスクの結果

以上で、サービス、ルート、ジョブをTalend Artifact Repositoryに公開できるようになります。サービス、ルート、ジョブの公開方法は、Talend Studioユーザーガイドをご覧ください。