デプロイと実行 - 7.3

Mac版Talendインストールガイド

Version
7.3
Language
日本語
EnrichDitaval
Mac
EnrichSubscriptionType
サブスクリプション
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Artifact Repositoryのグレーの円は、以下のすべてを保存するアーティファクトリポジトリーを表しています:
  • ダウンロード可能なSoftware Updates (ソフトウェアアップデート)。
  • Talend Studioから公開され、いつでも Talend Runtimeでデプロイおよび実行できるルートとサービス。
TALEND実行サーバーのブロックは、Talend Administration Center Webアプリケーションでセットアップされた実行スケジュールによって技術的プロセスを実行する実行サーバーを表します。これらの実行サーバーには次のようなものがあります。
  • 情報システム内でデプロイしている1つまたは複数のTalend Runtimes (実行コンテナー)。 Talend Runtimeでは、Talend Administration Center Webアプリケーションで定義されたセットアップに従って、技術的プロセスをデプロイおよび実行します。それらのプロセスは、アーティファクトリポジトリーから取得されたルートおよびサービスです。

    Apache Subversionは7.3.1 R2021-08リリース以降、非推奨となります

    サービスやルートアーティファクトをデプロイする Talend Runtimeが複数ある場合は、必要に応じて負荷を分散できます。 Talend RuntimeのすべてのインスタンスはService Locatorを通じてお互いにコミュニケーションを取り、Talend Administration Centerでデプロイが設定された1つまたは複数のアーティファクトのデプロイ・実行対象となりそうなインスタンスを識別します。デプロイメントのために選ばれた Talend Runtimeは、アーティファクトをアーティファクトリポジトリーからデプロイおよび実行するよう要求し、アーティファクトリポジトリーは、それらをデプロイおよび実行する Talend Runtimeに対して、実行時に必要とされるアーティファクトを含むすべてのアーティファクトを送信します。