外部モジュールのデプロイを目的とするMaven URIのカスタマイズ - 7.3

Windows版 Talend Open Studio for Big Data インストール&アップグレードガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Open Studio for Big Data
EnrichPlatform
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

Talend Studioでは、Mavenでデプロイを識別できるよう、各外部モジュールにデフォルトのURIが与えられます。Maven URIは必要であれば変更することもできます。

たとえばインストール済みのデータベースドライバーを新しいバージョンに置き換える場合は、他の別Maven URIを指定する必要があります。

注:

外部モジュール用にMaven URIを変更すると、プロジェクト内でそのモジュールを使用するすべてのコンポーネントやメタデータに影響します。

リモートプロジェクトで作業している場合、Maven URIのカスタム設定はTalend Artifact Repositoryと自動的に同期され、同じプロジェクトで作業している他のユーザーが外部モジュールをインストールする時に使用されます。

手順

  1. [Modules] (モジュール)ビューで、カスタマイズするMaven URIをクリックした後、表示される[...]ボタンをクリックします。
    [Install Module] (モジュールのインストール)ダイアログボックスが表示されます。
  2. 外部モジュールの別のバージョンをインストールする場合は、[Module File] (モジュールファイル)フィールドで該当するモジュールファイルへの完全パスを指定し、[...]ボタンをクリックしてローカルのファイルシステムで参照します。

    Talendによって提供されているR2020-10以降のStudio月次アップデートをインストール済みで、ライブラリーのMVN URIがjarファイル内に存在し、デフォルトMVN URIと異なる場合は、自動的に検出されて[Custom MVN URI] (カスタム MVN URI)フィールドに入力されます。

  3. [Custom MVN URI] (カスタムMVN URI)チェックボックスをオンにし、フィールドに新しいURIを入力します。
  4. [Detect the module install status] (モジュールのインストール状況の検出)ボタンをクリックし、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

新しいMaven URIが有効になり、[Modules] (モジュール)ビューで表示されます。ここからMaven URIのすべての変更をローカルのJSONファイルにエクスポートできます。