WindowsでTalend製品を手動アンインストール - 7.3

Windows版 Talend Open Studio for Data Quality インストール&アップグレードガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Open Studio for Data Quality
Module
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

コントロールパネル経由でTalend製品をアンインストールする時に問題が発生した場合は、uninstall.exeファイルまたはインストールが壊れています。以下の手動アンインストールの指示に従ってください。

手順

  1. Talendサービスがすべて完全に停止していることを確認します: Windowsの[スタート]ボタンから、[サービス]を開きます。
  2. サービス内をスクロールし、Talendサービスを検索します。
  3. Talendサービスを右クリックし、[停止]を選択してサービスを停止します。Kafka、Zookeeper、MongoDBという各サービスは最後に停止します。
  4. コマンドプロンプトを管理者として開きます。
  5. サービスアプリケーションで、Talend製品をダブルクリックして名前をコピーします。
  6. コマンドプロンプトウィンドウにsc delete <service name>と入力します。コピーしたTalendサービス名で<service name>を置換します。例: sc delete talend-tac-7.x.x

    MongoDB、Kafka、Zookeeperという各サービスは最後に停止します。

  7. Talendサービスを削除した後に、サービスタブでF5を押します。削除されたサービスはリスト表示されなくなります。
  8. Talendアプリケーションのインストールフォルダー(C:\Talend\7.x.xなど)を削除します。
  9. アプリと機能アプリケーションから、見つかればMongoDBをクリックし、[Uninstall] (アンインストール)を選択します。
  10. コンピューターを再起動します。

タスクの結果

これでアンインストールは完了です。Talend製品を再インストールする必要があれば、次のセクションを参照してください: Talendインストーラーの紹介