Talend Studioでライブラリー用のプロキシリポジトリーを設定 - 7.3

Mac 版 Talend Real-Time Big Data Platform インストールガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Real-Time Big Data Platform for Mac
Product
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

デフォルトでは、Talend Studioで必要とされるライブラリーはTalend公式リポジトリー(https://talend-update.talend.com/nexus/content/repositories/libraries)からダウンロードされます。ローカルリポジトリーでプロキシを設定し、そのプロキシをTalendの公式リポジトリーにリンクさせることができます。これによって、Studioの各インスタンスが同じjarファイルをより速くダウンロードできるようになります。

次の手順は、Talend Studioでライブラリーのプロキシリポジトリーを設定する方法です。

手順

  1. メニューバーから[File] (ファイル) > [Edit Project Properties] (プロジェクトプロパティを編集)をクリックして、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. [General] (一般) > [Artifact Proxy Setting] (アーティファクトプロキシ設定)とクリックして該当するビューを開きます。
  3. [Enable Proxy Setting] (プロキシ設定を有効化)チェックボックスを選択します。
  4. [Type] (タイプ)ドロップダウンリストで、リポジトリーのタイプを選択します。
  5. [URL]フィールドに、お使いのローカルリポジトリーのURLを入力します。
  6. [Username] (ユーザー名)フィールドと[Password] (パスワード)フィールドに、プロキシ認証情報を入力します。
  7. [Repository Id] (リポジトリーID)フィールドに、お使いのリポジトリーのIDを入力します。
  8. [Check Connection] (接続をチェック)をクリックして接続ステータスを検証します。
  9. [Apply and Close] (適用して閉じる)をクリックして変更を保存し、ダイアログボックスを閉じます。
    なお、プロキシリポジトリーの設定はお使いのOSに対応したStudio .iniファイルに以下のパラメーターを追加してTalend Studioを再起動する方法でも可能です。.iniファイルと[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスの両方でプロキシリポジトリーが設定されている場合は、.iniファイルのほうが有効となり、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックス内の設定が上書きされます。
    -Dnexus.proxy.url=<proxy_repository_url>
    -Dnexus.proxy.repository.id=<proxy_repository_id>
    -Dnexus.proxy.username=<proxy_username>
    -Dnexus.proxy.password=<proxy_password>
    -Dnexus.proxy.type=<proxy_repository_type>

    リポジトリータイプの有効値はNEXUS_3 and ARTIFACTORYとなります。