tJasperOutput標準プロパティ - 7.3

Jasper

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Jasper
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Jasper
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Jasper

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtJasperOutputを設定するために使います。

Standard tJasperOutputコンポーネントはビジネスインテリジェンスファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Jrxml file] (Jrxmlファイル)

iReportを介して作成されたレポートテンプレートファイル。

注: Jrxmlファイルは、ジョブの実行時にJDKを必要とするJavaクラスにコンパイルされます。現在のJDKがジョブを実行するJREと互換性があることを確認して、Javaランタイムバージョンエラーを防止します。

[Temp path] (一時パス)

一時ファイルのパス。

[Destination path] (出力先パス)

最終レポートファイルのパス。

ファイル名/ストリーム

最終レポートの名前。

[Report type] (レポートタイプ)

最終レポートのファイルタイプ。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

 

[Built-in] (組み込み): スキーマが作成され、このコンポーネント専用にローカルに保存されます。関連項目: Talend Studio ユーザーガイドを参照してください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは既に存在し、リポジトリーに保存されています。したがって、再利用できます。関連項目: Talend Studio ユーザーガイドを参照してください。

[Sync columns] (カラムの同期)

クリックすると、出力ファイルのスキーマと入力ファイルのスキーマが同期されます。同期機能は、[Row] (行)接続が出力コンポーネントにリンクされている場合にのみ表示されます。

iReport

コマンドを編集して、iReportの実行ファイルのパスを指定します。たとえば、__IREPORT_PATH__\E:\Program Files\Jaspersoft\iReport-4.1.1\bin\に置換します。または、"E:\Program Files\Jaspersoft\iReport-4.1.1\bin\iReport.exe"のように、実行ファイルのフルパスを指定します。

[Launch] (起動)

クリックしてiReportを実行します。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

[Specify Locale] (ロケールを指定)

[Report Locale] (レポートのロケール)リストからロケールを選択するには、このチェックボックスをオンにします。

注:

[Report Locale] (レポートのロケール)リストの最初の行は空です。クリックするとロケールをカスタマイズできます。

[Encoding] (エンコーディング)

このリストからエンコーディングモードを選択します。リストから[Custom] (カスタム)を選択して、表示されたフィールドにエンコーディング方法を入力できます。

[Global Variables] (グローバル変数)

[Global Variables] (グローバル変数)

NB_LINE: 入力コンポーネントによって読み取られた行の数、または出力コンポーネントに転送された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは、JaspersoftのレポートデザイナーであるiReportと密接に関連しています。入力フローからデータを読み取って処理し、iReportを介して定義された.jrxmlレポートテンプレートに対してレポートを作成します。