入力コンポーネントを設定 - 7.3

Jasper

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Jasper
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Jasper
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Jasper

手順

  1. tFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  2. [Property Type] (プロパティタイプ)ドロップダウンリストから[Built-In] (組み込み) を選択します。
    注:

    関連メタデータが[Repository] (リポジトリー)にローカルに保管されている場合は、[Property Type] (プロパティタイプ)ドロップダウンリストから[Repository] (リポジトリー)を選択して、関連フィールドを自動入力できます。[Metadata] (メタデータ)の詳細は、 Talend Studio ユーザーガイドを参照してください。

  3. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドに入力して、ソースファイルのパスと名前を指定します。たとえば、"C:/Documents and Settings/Andy ZHANG/nom.csv"と入力します。
  4. [Row Separator] (行区切り記号)[Field Separator] (フィールド区切り記号)フィールドはデフォルト設定のままにします。これは必要に応じて変更できます。
  5. [Header] (ヘッダー)フィールドに1を設定し、[Footer] (フッター)フィールドに0を設定します。[Limit] (制限)フィールドを空のままにします。これは必要に応じて変更できます。
  6. [Schema] (スキーマ)ドロップダウンリストから[Built-In] (組み込み)を選択し、[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、入力ファイルのデータ構造を定義します。この場合、入力ファイルにはNomPrenomの2つのカラムがあります。