出力コンポーネントを設定する - 7.3

Jasper

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Jasper
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Jasper
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Jasper

手順

  1. tJasperOutputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  2. JaspersoftのiReportで作成したレポートテンプレートファイルの完全パスを[Jrxml file] (Jrxmlファイル) フィールドに入力します。[...]ボタンをクリックして参照できます。
    注:

    iReportを介して.jrxmlテンプレートファイルを作成するために使われるファイルのスキーマは、レポートの作成に使われるソースファイルのスキーマと同じである必要があります。

  3. ジョブの実行中に生成された一時ファイルのパスを[Temp path] (一時パス)フィールドに入力します。[...]ボタンをクリックして参照できます。
  4. ジョブの実行中に生成された最終レポートファイルのパスを[Destination path] (宛先パス)フィールドに入力します。[...]ボタンをクリックして参照できます。
  5. ジョブの実行中に生成された最終レポートファイルの名前を[File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドに入力します。
  6. ジョブの実行中に生成される最終レポートファイルの形式を[Report type] (レポートタイプ)フィールドで選択します。
  7. [Sync column] (カラムの同期)をクリックして、前のコンポーネントからスキーマを取得します。
  8. JaspersoftのiReportの実行ファイルのパスをiReportフィールドに入力します。たとえば、__IREPORT_PATH__\E:\Program Files\Jaspersoft\iReport-4.1.1\bin\に置き換えます。[Launch] (起動)ボタンをクリックして、iReportを実行できます。
    注:

    この手順は必須ではありません。ただし、これにより、レポートテンプレートの作成など、関連する操作のためにiReportソフトウェアに簡単にアクセスできます。