メッセージから情報を抽出する - 7.3

Java custom code for Storm

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Storm向けJavaカスタムコードコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Storm向けJavaカスタムコードコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Storm向けJavaカスタムコードコンポーネント

手順

  1. tJavaStormをダブルクリックして、その[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  3. 出力側(右側)で[+]ボタンを3回クリックして3つの行を追加し、[Column] (カラム)カラムで3つの行の名前をそれぞれ、firstnamegenderactivityに変更します。これらのカラムは、サンプルメッセージから抽出できる情報に対応します。
  4. [OK]をクリックしてこれらの変更を確定し、ポップアップ表示されるダイアログボックスで求められるプロパゲーションを承認します。
  5. [Bolt code] (ボルトコード)エリアで、実行するボルトの主なメソッドを入力します。このシナリオでは、コードは次のとおりです: String[] tokens = input.get_str().split("\\|"); collector.emit(new Values( tokens[0], tokens[1], tokens[2] ));