サンプルメッセージの生成 - 7.3

Java custom code for Storm

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Storm向けJavaカスタムコードコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Storm向けJavaカスタムコードコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Storm向けJavaカスタムコードコンポーネント

このタスクについて

実際の運用では、Kafkaへのメッセージを生成するシステムは完全に分離されます。ですが、このシナリオでは、Kafka自体がサンプルメッセージの生成に使用されます。これらのメッセージを生成するには、以下の操作を行う必要があります。

手順

  1. メッセージの分類に使用するKafkaトピックを作成します。次のコマンドは、デモンストレーションの目的でのみ使用されます。Kafkaトピックの作成に関する詳細情報が必要な場合は、ApacheのKafkaに関するドキュメントを参照してください。/usr/lib/kafka/bin/kafka-topics.sh --zookeeper localhost:2181 --create --topic activities --partitions 1 --replication-factor 1
    このコマンドは、localhostマシンでZookeeperサービスによって管理されるKafkaブローカーを使用して、activitiesという名前のトピックを作成します。
  2. 分析するメッセージを、作成したばかりのactivitiesトピックに公開します。このシナリオでは、Kafkaはたとえば次のコマンドを使用して、この公開を行うために使われます。
    echo 'Ryan|M|Pool
    Remy|M|Drink
    Remy|M|Hiking
    Irene|F|Drink
    Pierre|M|Movie
    Irene|F|Pool
    Thomas|M|Drink
    Ryan|M|Cooking
    Wang|F|Cooking
    Chen|M|Drink | /usr/lib/kafka/bin/kafka-console-producer.sh --broker-list  localhost:9092 --topic  activities
    このコマンドは10のシンプルメッセージを公開します。
    Ryan|M|Pool
    Remy|M|Drink
    Remy|M|Hiking
    Irene|F|Drink
    Pierre|M|Movie
    Irene|F|Pool
    Thomas|M|Drink
    Ryan|M|Cooking
    Wang|F|Cooking
    Chen|M|Drink
    先に説明したように、代わりに実際のメッセージプロデューサーシステムを使用して公開を行うことができます。