入力コンポーネントを設定 - 7.3

Java custom code

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント

手順

  1. tFileInputDelimitedコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)を設定します。
  2. [File name] (ファイル名)フィールドで、入力ファイルへのパスを定義します。
    この例で使用する入力ファイルは、2つのカラム、NamesおよびそれぞれのEmailsで構成されるシンプルなテキストファイルです。
  3. [Edit Schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックして、2カラムスキーマを設定します。[OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
  4. メッセージが表示されたら[OK]をクリックして伝播を許可し、tFileOutputExcelコンポーネントに入力スキーマが自動設定されるようにします。