tJavaFlexコンポーネントの設定 - 7.3

Java custom code

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント

手順

  1. tJavaFlexをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、プロパティを定義します。
  2. [Edit Schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、後続コンポーネントに渡すデータ構造を定義します。
  3. [+]ボタンをクリックして、2つのカラムkeyvalueを追加し、これらのカラムの型をそれぞれ[Integer] (整数)[String] (文字列)に設定します。
  4. [OK]をクリックして変更の妥当性チェックを行い、ダイアログボックスを閉じます。
  5. tJavaFlex[Basic settings] (基本設定)ビューで、[Data Auto Propagate] (データ自動伝播)チェックボックスをオンにして、データを後続コンポーネントに自動的にプロパゲートします。
    この例では、取得済みデータの変換は行いません。
  6. [Start code] (開始コード)フィールドに、初期化段階で実行するコードを入力します。
    この例の場合、コードはSTARTメッセージを表示することでtJavaFlexの初期化を示し、後でJavaコードで使うループと変数を設定します。
    System.out.println("## START\n#");
    String [] valueArray = {"Miss", "Mrs", "Mr"};
    
    for (int i=0;i<valueArray.length;i++) {
  7. [Main code] (メインコード)フィールドに、各データ行に適用するコードを入力します。
    この例では、各キーとその値を表示します。
    row1.key = i;
    row1.value = valueArray[i];
    警告:

    [Main code] (メインコード)フィールドの“row1”は、tJavaFlexからのリンクの名前に相当します。このリンクの名前を変更する場合は、その名前に応じてこのフィールドのコードを変更する必要があります。

  8. [End code] (終了コード)フィールドに、終了段階で実行するコードを入力します。
    この例の場合、波括弧によってループが閉じ、コードはENDメッセージを表示することでtJavaFlexの実行の終了を示します。
    }
    System.out.println("#\n## END");
  9. 必要な場合はtLogRowをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューで[Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、スキーマが適切にプロパゲートされていることを確認します。