tJMSInput標準プロパティ - 7.3

JMS

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > JMS
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > JMS
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > JMS

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtJMSInputを設定するために使います。

Standard tJMSInputコンポーネントはインターネットファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Module List] (モジュールリスト)

使用するライブラリーをリストから選択します。

[Context Provider] (コンテキストプロバイダー)

コンテキストURLを入力します。サンプル: com.tibco.tibjms.naming.TibjmsInitialContextFactory。ただし、使用するJMSサーバーに応じて構文が変わる場合があるのでご注意ください。

[Server URL] (サーバーURL)

構文を守りながら、サーバーURLを入力します。サンプル: tibjmsnaming://localhost:7222

[Connection Factory JDNI Name] (接続ファクトリのJDNI名)

JDNI名を入力します。

[Use Specified User Identity] (ユーザーアイデンティティを使用)

ログインが必要な場合は、チェックボックスをオンにしてログインとパスワードを入力します。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

Enable Durable Subscription] (持続的サブスクリプションを有効にする)

持続的サブスクリプションを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

ClientID

持続的サブスクリプションのクライアントIDを入力します。

このフィールドは、[Enable Durable Subscription] (持続的サブスクリプションを有効にする)チェックボックスがオンになっている場合にのみ使用できます。

[Subscriber Name] (サブスクライバー名)

持続的サブスクリプションのサブスクライバー名を入力します。

このフィールドは、[Enable Durable Subscription] (持続的サブスクリプションを有効にする)チェックボックスがオンになっている場合にのみ使用できます。

[Use JNDI Name Lookup Destination] (JNDI名前ルックアップの宛先を使用する)

JNDI (Java Naming and Directory Interface)名で宛先を検索するには、このチェックボックスをオンにします。

[Message Type] (メッセージのタイプ)

メッセージのタイプを選択します: [Topic] (トピック)または[Queue] (キュー)

[Message From] (メッセージ送信元)

サーバーによって予期される通りにメッセージソースを入力します。 これには、queue/Aやtopic/testtopicのように、ソースのタイプと名前が含まれている必要があります。

このフィールドでは大文字と小文字が区別されます。

[Timeout for Next Message (in sec)] (次のメッセージのタイムアウト(秒単位))

次のメッセージに進むまでの秒数を入力します。

[Maximum Messages] (最大メッセージ数)

処理する最大メッセージ数を入力します。

[Message Selector Expression] (メッセージセレクターの式)

フィルターを設定します。

[Processing Mode] (処理モード)

メッセージの処理モードを選択します。

[Raw Message] (生のメッセージ)または[Message Content] (メッセージコンテンツ)

Schema (スキーマ)およびEdit schema (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

このコンポーネントのスキーマは読み取り専用です。[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックすると、スキーマを表示できます。

詳細設定

[Properties] (プロパティ)

テーブルの下にある[+]ボタンをクリックして、ユーザー認証に必要なユーザー名とパスワードが含まれている行を追加します。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルやコンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

NB_LINE: 入力コンポーネントによって読み取られた行の数、または出力コンポーネントに転送された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは、通常、入力コンポーネントとして使用されます。これは出力コンポーネントにリンクする必要があります。

制限事項

JMSサーバーが起動していることを確認します。

ライセンスの互換性の問題のため、このコンポーネントの使用に必要な1つ以上のJARが提供されていません。この特定のコンポーネントに不足しているJARをインストールするには、Component (コンポーネント)タブビューの[Install] (インストール)ボタンをクリックします。Studioの Integration パースペクティブの[Modules] (モジュール)タブでも、不足しているすべてのJARを簡単に見つけて追加できます。詳細は、外部モジュールのインストールを参照してください。外部モジュールをインストールする方法の詳細は、Talend Help Center (https://help.talend.com)を参照してください。