コンポーネントを設定 - 7.3

JMS

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > JMS
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > JMS
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > JMS

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Mode] (モード)エリアで[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツの使用:区切りファイル)を選択します。
    ActiveMQサーバーに送信するメッセージのコンテンツを[Content] (コンテンツ)フィールドに入力します。
    message transferred
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックして、スキーマエディターを開きます。
  3. [+]ボタンをクリックして、文字列タイプのmessageContentというカラムを1つ追加します。
    [OK]をクリックして設定を確定し、エディターを閉じます。
  4. ここで、スキーマのプロパゲーションを求めるポップアップボックスが表示されます。
    [Yes] (はい)をクリックして、スキーマを以降のコンポーネントにプロパゲートします。
  5. JMSOutputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Module List] (モジュールリスト)リストで、使用するライブラリー(この場合はactivemq jar)を選択します。
  7. [Context Provider] (コンテキストプロバイダー)フィールドにコンテキストURI (この場合は"org.apache.activemq.jndi.ActiveMQInitialContextFactory")を入力します。
  8. [Server URL] (サーバーURL)フィールドにActiveMQサーバーのURIを入力します。
  9. [Connection Factory JDNI Name] (接続ファクトリのJDNI名)フィールドにJDNI名(この場合は"QueueConnectionFactory")を入力します。
  10. [User Name] (ユーザー名)フィールドと[Password] (パスワード)フィールドを表示するには、[Use Specified User Identity] (ユーザーアイデンティティを使用)チェックボックスをオンにします。そこに認証データを入力します。
  11. [Message type] (メッセージのタイプ)リストで[Queue] (キュー)を選択します。
  12. [Processing Mode] (処理モード)リストで[Message Content] (メッセージコンテンツ)を選択します。
  13. JMSInput[Basic settings] (基本設定)ビューで同じ設定を実行します。