リジェクトをキャッチするtMapコンポーネントフィルターを設定し、XMLへエクスポート - 7.3

Talend StudioでtMapコンポーネントを使って2つのデータソースを結合

Version
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン
Last publication date
2024-02-06

年によるtMapコンポーネントフィルターが設定されていること(詳細は年でフィルタリングするようtMapコンポーネントを設定をご覧ください)。

手順

  1. tMapコンポーネントをダブルクリックします。
  2. 画面右側の[Add output table] (出力テーブルの追加)をクリックします。
    1. 名前を入力します。

      moviesBefore80s
    2. [OK]をクリックします。
  3. 入力テーブルrow1にあるカラムをすべて選択し、出力テーブルmoviesBefore80sにドラッグ&ドロップします。
  4. 出力テーブルmoviesBefore80s[tMap settings] (tMap設定)をクリックします。
    1. [Catch Output Reject] (出力リジェクトをキャッチ)[Value] (値)フィールドにある[...]をクリックします。
    2. trueを選択します。
    3. [OK]をクリックします。
  5. 各出力テーブルにtFileOutputXMLコンポーネントを追加します。
    1. tMapコンポーネントを右クリックします。
    2. tMapコンポーネントを各出力コンポーネントにリンクさせます。

      [Row] (行) > moviesBefore80sを選択します。
  6. tFileOutputXMLコンポーネントをダブルクリックします。
    1. [File Name] (ファイル名)に、出力ファイルへのパスおよび出力ファイルの名前を入力します。

      moviesBefore80s.xml
  7. [Run] (実行)ビューで[Run] (実行)をクリックします。

タスクの結果

[Catch Output Reject] (出力リジェクトをキャッチ) [Property] (プロパティ)によって、他の2つの条件のどちらにも一致しないデータ(つまり1980年以前のすべての映画のデータ)の行が収集されます。customers_unordered.csvには、「Agnès Varda's Cleo from 5 to 7」しかありません。