手順 - 7.3

Mail

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント

手順

  1. [Palette] (パレット)からデザインワークスペースにtFileInputMailtLogRowコンポーネントをドロップします。
  2. [Main Row] (メイン行)リンクを使って、2つのコンポーネントをリンクます。
  3. tFileInputMailをダブルクリックして、その[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、コンポーネントのプロパティを定義します。
  4. [File Name] (ファイル名)フィールドの横にある3ドットのボタンをクリックして、処理するメールファイルを参照します。
  5. スキーマタイプを[Built-in] (組み込み)に設定し、[Edit Schema] (スキーマを編集)の横にある3ドットボタンをクリックして、出力で取り出すすべてのカラム含むスキーマを定義できるダイアログボックスを開きます。
  6. ダイアログボックスのプラスボタンをクリックして、出力フローに含めるカラムをいくつでも追加できます。このサンプルでは、スキーマに、[Date] (日付)[Author] (作成者)[Object] (オブジェクト)[Status] (ステータス)という4つの列があります。
  7. スキーマが定義されたら、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、スキーマを[Mail parts] (メール部分)テーブルにプロパゲートします。
  8. [Attachment export] (添付のエクスポート)ディレクトリーの横にある3ドットのボタンをクリックし、メールの添付ファイルがあればエクスポートするディレクトリーを参照します。
  9. [Mail parts] (メール部分)テーブルの[Mail parts] (メール部分)のカラムに、表示する値を取得するために使用される実際のヘッダーまたは本文の標準キーを入力します。
  10. 相対標準キーの[Multi Value] (複数の値)が入力ファイルに存在する場合は、標準キーの隣の複数値チェックボックスをオンにします。
  11. 必要に応じて、[Separator] (区切り)フィールドに相対標準キーの異なる値の区切りを定義します。
  12. tLogRowをダブルクリックして[Basic Settings] (基本設定)ビューを表示し、値をキャリッジリターンで区切るためにコンポーネントプロパティを定義します。Windows OSでは、二重引用符で\ nを入力します。
  13. ジョブを保存し、F6を押して実行し、出力フローをコンソールに表示します。

タスクの結果

ヘッダーキーの値は、[Mail parts] (メール部分)テーブルで定義されているとおりに抽出されます。メール受信日、作成者、件名、ステータスがコンソールに表示されます。