メールを取得してメールデータを抽出するジョブを実行する - 7.3

Mail

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント

手順

  1. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。
  2. [F6]を押してジョブを実行します。

    メールから読み取ったコンテンツがコンソールウィンドウに表示されます。

    添付ファイル用に指定したディレクトリーを確認できます。メールに添付ファイルが含まれている場合、添付ファイルが抽出され、このディレクトリーに保存されます。