メールファイルからデータを抽出する - 7.3

Mail

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント

手順

  1. tFileListコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Directory] (ディレクトリー)フィールドで、ファイルを読み取るディレクトリーを指定します。これは、tPOPコンポーネントがメールファイルを書き込むのと同じディレクトリーである必要があります。
  3. [Files] (ファイル)テーブルの下にある[+]ボタンをクリックして、ファイルマスク"*.mail"を追加します。
  4. tFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [File Name] (ファイル名)フィールドで、データの抽出元のメールファイルの名前を指定します。この例では、取得したすべてのメールファイルを処理し、tFileListコンポーネントからのグローバル変数((String)globalMap.get("tFileList_1_CURRENT_FILEPATH"))を反復子変数として使用します。
  6. スキーマを編集し、抽出するデータパーツのカラムを指定します。この例では、DateAuthorObjetStatusを抽出します。
  7. [Mail parts] (メール部分)テーブルで、スキーマカラムをメールから抽出する実際のメール部分にマップします。
  8. [Attachment export directory] (添付ファイルのエクスポートディレクトリー)フィールドで、添付ファイルを保存するディレクトリーを指定します。