tMDMBulkLoad標準プロパティ - 7.3

MDM data processing

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtMDMBulkLoadを設定するために使います。

Standard tMDMBulkLoadコンポーネントはTalend MDMファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは組み込まれるか、リポジトリーにリモートで保存されます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[Sync column] (カラムの同期)をクリックして、前のコンポーネントからスキーマを収集します。

 

[Built-In] (組み込み): このコンポーネントに対してのみスキーマを作成し、ローカルに保管します。関連項目: Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブで再使用できます。関連項目: Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

XMLフィールド

XMLデータを書き込むカラムの名前を選択します。

URL

MDMサーバーへのアクセスに必要なURLを入力します。

Username (ユーザー名)Password (パスワード)

MDMサーバーのユーザー認証データを入力します。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Data Model] (データモデル)

書き込むデータの検証を行う基準となるデータモデルの名前を入力します。

データコンテナー

マスターデータを書き込むデータコンテナーの名前を入力します。

[Entity] (エンティティ)

書き込むデータレコードを保持しているエンティティの名前を入力します。

Type (タイプ)

[Master] (マスター)または[Staging] (ステージング)を選択して、アクションを実行するデータベースを指定します。

検証

現在のデータモデルに定義されている検証ルールに基づいてMDMサーバーに書き込むデータを検証するには、このチェックボックスをオンにします。

PROVISIONINGデータコンテナーの場合、このチェックボックスがオンになっているかどうかに関係なく、受信レコードに対して常に検証チェックが実行されます。

検証ルールの設定方法については、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

警告:

より高速なロードパフォーマンスが必要な場合は、このチェックボックスをオンにしないでください。

IDの生成

書き込まれたすべてのデータのID番号を生成するには、このチェックボックスをオンにします。

[Validate] (検証)チェックボックスや[Fire Create/Update event] (作成/更新イベントの起動)イベントチェックボックスがオンの場合、このチェックボックスは利用できません。このチェックボックスが利用できず、IDが指定されていない場合、自動生成されたIDを使ってレコードが作成されます。

警告:

より高速なロードパフォーマンスが必要な場合は、このチェックボックスをオンにしないでください。

挿入のみ

このチェックボックスをオンにすると、挿入するデータレコードがMDMサーバーに既に存在するかどうかを確認する手順がスキップされ、パフォーマンスが向上します。

ただし、このオプションを使う前に、データレコードがデータベースに存在しないことを確認する必要があります。

コミットサイズ

MDMサーバーに書き込む各バッチの行数を入力します。

トランザクションの使用

このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)で、トランザクションのコミットに使う既存の接続コンポーネントをクリックします。

作成/更新イベントの起動

実行したアクションを変更レポートに追加するには、このチェックボックスをオンにします。表示される[Source Name] (ソース名)フィールドに、変更を実行するために使うアプリケーションの名前を二重引用符で囲んで入力します。

このチェックボックスは、[Type] (タイプ)ドロップダウンリストでMasterを選択した場合にのみ使えます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルで処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは、XML構造化データを提供するために常に着信リンクを必要とします。提供されるデータがまだXML構造になっていない場合は、tWriteXMLFieldなどのコンポーネントを使って、このデータをXML構造に変換する必要があります。tWriteXMLFieldの詳細は、tWriteXMLFieldを参照してください。

このコンポーネントを使ってジョブのタイムアウト値を増やすと、多数のデータレコードの処理に役立ちます。詳細については、Talend Help Center (https://help.talend.com)のMDMコンポーネントを使うジョブのタイムアウト値という記事で、JVMパラメーターの詳細な実行設定を参照してください。

ジョブでコンポーネントtMDMBulkLoadを使って大量のデータをMDMに一括ロードする場合は、特定のJVM引数(たとえば、bulkload.concurrent.http.requests=25)をジョブの[Advanced settings] (詳細設定)タブに追加して、MDMサーバーに送信される同時リクエストの最大数を制限します。これにより、使用可能なTomcatアプリケーションサーバー接続がすべて消費されずに済み、トランザクションとデッドロックの問題の発生を回避できます。

[Connections] (接続)

外部リンク(このコンポーネントから別のコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): [Main] (メイン)

[Trigger] (トリガー): Run if; On Component Ok; On Component Error, On Subjob Ok, On Subjob Error

受信リンク(あるコンポーネントからこのコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): [Main] (メイン)

[Trigger] (トリガー): Run if, On Component Ok, On Component Error, On Subjob Ok, On Subjob Error

接続に関する詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。